山田よう子(アームレスリング)世界チャンピオン!女優を期待されていた事や家族等調査

【激レアさんを連れてきた】にアームレスリング世界チャンピオンの山田ようこさんが出演されます。

女優になることを期待されていたにも関わらず、生まれ持った高い身体能力のせいで想定外の世界チャンピオンになっちゃった人ということですが、山田よう子さんを調べてみました。

山田よう子のプロフィール

(写真:山田よう子インスタグラムより)

名前:山田よう子

本名:山田洋子

通称:剛腕

生年月日:1976年5月25日

出身地:東京都

血液型:A型

所属:日本アームレスリング連盟

PUREBREDの総合格闘家、フリーの女子プロレスラー

山田よう子はアームレスリングの世界チャンピオン!

アームレスリングは2002年から2014年まで全日本アームレスリング選手権大会で日本最多の13連覇を成し遂げています。

5年のブランクを経て2018年から復帰し全日本優勝に返り咲いていますね!

2005年12月の第27回WAF世界アームレスリング選手権大会では、50㎏級ライトハンドで日本女性で史上初の世界王者になりました。

また総合格闘技では、PUREBRED所属の「大和魂」ことエンセン井上に師事。

デビューは2003年4月2日のスマックガール・六本木ヴェルファーレ大会で開始早々奇襲で相手の「坂口一美」をフロントチョークで締め落とし勝利しています。

(写真:山田よう子インスタグラムより)

更にはプロレスラーとしても活躍する山田さんは幅広く活躍されています。

世界チャンピオンでありながら、いろいろな格闘分野に挑戦されて尊敬します。

山田よう子は女優を期待されていた?

山田さんは、実は女優の故・南田洋子さんの姪という噂がありましたが、南田洋子さんの従妹の娘という間柄だそうです。

とても仲が良かったようで山田さんは南田さんを「おばちゃん」と呼び慕っていたようです。

小学校の時、渋谷でスカウトされたことがきっかけで「モモコクラブ」に在籍していました。元CoCoの宮前真樹さんとレッスンを受けていた時期もあったようですね。

小さい頃からかわいかったのがわかりますね。

山田よう子さんは中学時代にいじめにあった経験があり不登校になった時期がありましたが、つらい思いをしていた時に南田さんの事を思い出し女優を目指そうと思ったことから高校は堀越学園の芸能コースに入学しています。

このとき昼ドラに出演したりしていました。

しかし「叔母の七光り」風に見られることが嫌で次第に学校も行かなくなり、サボっては渋谷で遊んでは喧嘩する日々を送っていました。

完全に不良モードだったのですね・・・。

そうして芸能界から離れて行った山田さんは20歳の時にアームレスリングに出会い現在の道に進まれました。

(写真:山田よう子インスタグラムより)

山田よう子の家族は?

山田よう子さんは旦那さんはいるようですが、一般の方という事で詳しい情報はありませんでした。

子どもは2018年現在の情報で5歳、3歳、1歳の双子ということです。

格闘家をしながら4人の子どもを育てるってパワフルですね。

きっと旦那さんのサポートもあっての事でしょう。

子ども達からしたら強いママで頼もしいと思うでしょうね。

(写真:山田よう子インスタグラムより)

まとめ

山田よう子さんは日本アームレスリング連盟に所属しているアームレスラーで、更に総合格闘家、女子プロレスラーでもあります。

結婚して子どもは4人います。

若い頃ツライ思いもしましたが、それを糧にこれからも活躍してほしいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク