周東佑京は育成から侍ジャパンに選出!イケメンだが彼女いる?wiki経歴は?

こんにちはONちゃんでーす!

11月9日(土)の17:00放送の「バース・デイ」(TBS)に育成出身から日本代表(侍ジャパン)まで上り詰めた、福岡ソフトバンクホークスの周東佑京選手に迫るようだ。

今、プレミア12で稲葉ジャパンが熱い戦いを繰り広げて注目を集めていますね。

国際大会ってガチ勝負感が強くてほんと面白くて大好きです。

そんな周東佑京選手今シーズンの開幕前の背番号は3桁だったそう。

今回はそんなプロ野球史上、類の無い、急成長を遂げた周東佑京選手について記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

周東佑京のwiki経歴(プロフィール)

(出典:週間ベースボール

名前:周東佑京(しゅうとう うきょう)

生年月日:1996年2月10日

出身地:群馬県太田市

身長/体重:180㎝/74kg

所属:福岡ソフトバンクホークス(右投左打)

小学校は太田市立藪塚本町小学校で2年生の時に「藪塚リトルファイターズ」で軟式野球を始め太田市立藪塚本町中学校ではボーイズリーグに入りプレーしました。

高校は東京農業大学第二高校に進学し、3年生の時には主将を務めました。夏の群馬県大会では高橋光成投手(現西武)に敗れ、残念ながら甲子園出場は叶いませんでした。

2014年に東京農業大学生物産業学部に入学しました。

北海道学生野球連盟所属の硬式野球部に入部し1年生からレギュラーとして試合に出場していました。

三塁手、遊撃手、外野手、指名打者と様々なポジションをこなし3年の秋季から4年の春季まで主将を務めています。

北海道六大学リーグでは3年生の春にベストナイン、3年生の秋に優秀選手賞、4年生の春に最高殊勲選手・ベストナインを受賞しています。

全日本大学野球選手権に3度、明治神宮野球大会に1度出場し、全国大会通算で打率.364という成績を残しています。

2017年10月26日に行われたドラフト会議でソフトバンクから育成2巡目で指名を受け、支度金300万円、年俸400万円で入団しました。背番号は121。

※育成は背番号が3桁

周東佑京は育成から侍ジャパンに選出!

プロ入り後も活躍が目立ち、2018年に育成選手にも関わらず、2軍の開幕戦にも出場しフレッシュオールスターにも選出され2安打を放ち、優秀選手賞を受賞しています。

2019年には春季キャンプでA組に抜擢され、オープン戦も1軍帯同で14試合出場しています。3月26日に支配下選手登録され、4月上旬に1軍昇格しました。最初はスタメン起用もありましたが、故障から復帰組などにより代走からの守備固めとして起用されチームトップの25盗塁を記録しています。

周東佑京選手の武器はなんといっても足の速さでホームから1塁まで4秒をきる俊足で50m走のタイムは5.7秒というからすごい。

(出典:full-Count

第2回プレミア12で周東佑京選手をメンバーに入れた稲葉監督が語るには、

勝つためにはやはりスピード、パワーが大事。活きのいい若い選手だけを並べてみたりしてもだめ、ベテランにスペシャリストを加えた」と選出基準を説明。周東についても「終盤の1点が大事になる。(周東は)スピードという点で、警戒されている中でもスチールできる、セカンドランナーにいればヒット一本で帰ってこれる。侍ジャパンにも必要だと考えた」とコメント。50メートル走で5秒7、今季25盗塁を決めた走りのスペシャリストとしての選出だ。

(引用:https://full-count.jp/2019/10/01/post556958/)

周東佑京選手は

「本当に信じられない気持ちです。チームメイトはすごい選手ばかりなので、人見知りする僕としては今から緊張しています。しっかり先輩たちについていきます。出場する機会があれば自分の持ち味を出して、グラウンドを誰よりも速く駆けたいと思います」(引用:Full-Count編集部)

俊足が期待されていますね。代走からの盗塁が期待されています。がんばってほしいです。

スポンサーリンク

周東佑京はイケメンだが彼女いる?

まだ23歳という若さの周東佑京選手は現在結婚はされていません。

では、彼女はいるのでしょうか?

どうやら本人が言うには彼女もいないといっているそうです。

その端正な顔立ちと可愛らしい笑顔が女性がほっとかないでしょうね。

これからまちがいなく人気選手になることでしょう。

最後に

福岡ソフトバンクホークスの周東佑京選手ですが、国際試合でもその俊足で活躍してもらいたいです。

育成選手から日本代表ってほんとすごくて、他の育成選手の希望ですね。

人気、実力もあり今後の周東佑京選手に目がはなせないですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク