ロードバイク 走行の基本

こんにちはONちゃんです。

ロードバイクに限らず、すべてのスポーツにおいて共通することはフォームが基本ということです。自転車も例外ではないです。ベースとなるリラックスしたフォームをマスターしてまっすぐ走れるようにしましょう。今回は走行の基本をマスターしましょう。初めに基本をしっかり体で覚えることでレースに出場する場合でも応用が利きます。

平坦路の走行

平坦路をシッティングでまっすぐはしることが基本となります。まずは平坦路から練習しましょう。

①上半身は力を抜いて手を添えるだけ

2輪の乗り物は蛇行して進みます。でもロードバイクの基本はまっすぐ走ること。矛盾してるようですが、バイク自身で走行ラインを補正しています。それを邪魔しないためにも手は添えるだけということを覚えましょう。

②視線は20~30m先を見る

視線はなるべく遠くをみるようにする。20~30m前方を見るようにしよう。安全のためにもこれくらいの視線が良いのでクセにしてしまいましょう。

③スピードを上げてみる

だいたい慣れてきたらスピードをあげてみる。足の出力を上げるときは、上半身を若干前傾姿勢にすると力が入りやすくなるので試してみてください。

上りのダンシング走行

上り坂での走り、一気にスピードを上げるときはダンシングするのがいいです。サドルから腰を上げてペダリングすると楽に走れます。きちんとしたフォームで走らないとロスが大きくなるのでしっかり練習しましょう。レース中、上りをダンシングでアタックし、相手を出し抜くほど気持ちいいことはありませんよ。

①身体が左右に振れないようにする。

身体はまっすぐキープして左右に振らず水平状態をキープします。腕は上半身を支えていますがリラックスしたままにしましょう。

②バイクは派手に振らない。少し降るのは○

バイクは大きく振るとロスが多くなります。多少振るのはしょうがないですが、タイヤの走行ラインはまっすぐ直線になるようにしましょう。

③ダンシングは力強くリズミカルに

イメージとしてはバイクが「ブンブン」ではなく「スッスッ」っとスムーズに走ります。ダンシングは全身を使うので高出力が出せる反面、エネルギーの消費も大きいです。パワーを推進力に変えられるように効率的なフォームを身につけることが大切ですよ。

コーナーリング

コーナーリングとは曲がる方向へバイクを大きく傾けるという一連の動作の事を指します。とは言っても基本はリーンウィズで、あとは複合技なので基本を応用するだけでできます。3種類のコーナーリングフォームをマスターしよう。但し初心者はスピードを出しすぎると落車(転倒)してしまう可能性があるので初めはスピードを出しすぎないようにして徐々にスピードを上げながら練習しましょう。

①リーンウィズ

ほとんどのコーナーで使われるのがリーンウィズです。ライダーとバイクが一直線になる自然なフォームです。ハンドルの下を持つと重心が下がるのでバイクが安定しやすいです。腰を引き気味にし後輪荷重&外足果汁にすることでグリップを確保できます。

②リーンアウト

バイクをカラダより内側にグッと押し込むフォームがリーンアウトです。基本的には危険回避としてのフォームになると思います。カラダと一緒に頭を傾けてしまうと、一瞬方向感覚が狂ってしまいます。必ず視線が水平になりように頭は垂直にしましょう。

③リーンイン

バイクの傾きに対して、より身体が内側に倒れこんでいるフォームになります。リーンウィズよりバイクを起こしているのでタイヤのグリップを確保しやすいです。低速でクイックなコーナーの連続に適しているでしょう。肩とひざからコーナーにはいるような意識をもつとスムーズにフォームが決まります。基本的に危険回避用のフォームとしてリーンウィズから変化させて使うのが一般的とされています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク