田口一成のwikiプロフィール!ボーダレスジャパン成功の秘訣!経歴、学歴!

こんにちはONちゃんでーす!

4月16日放送のカンブリア宮殿に25歳でボーダレスジャパンを立ち上げた社長「 田口一成」さんが出演します。

社会貢献ビジネスの新潮流を生み出したというビジネスがどんなビジネスか気になりますね。

ボーダレスジャパン成功の秘訣を調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

田口一成のwikiプロフィール!

(出典:田口一成

名前:田口一成(たぐちかずなり)

生年月日:1980年12月(39歳 2020年4月)

出身地:福岡県

最終学歴:早稲田大学商学部

職業:株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長

公式HP:BORDELESS

田口一成さんは1980年生まれで福岡県出身、三人兄弟の長男です。

幼い頃は人前ではまったく動かなかったそうで、畳一畳あれば十分ということで「一畳男」と呼ばれていたそうです。

現在は株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長です。座右の銘は「清廉潔白」だそうです。

田口一成の経歴、学歴

幼少の頃は福岡県の観音寺保育園に通っていました。

小学校は姪浜小学校を卒業しています。

中学校は姪浜中学校で軟式野球部に所属。

高校も福岡県の西南学院高校に通いテニス部に所属。しかし得意なスポーツはサッカーですがテニス部に所属しています。

大学は早稲田大学に進学。学生時代は授業にはほとんど出席せず、仲間と朝まで酒を飲みかわしながら、哲学や経済について口角泡を飛ばして議論していました。目を覚ますといつも夕方という、この大学の学生らしい生活をしてました。

19歳の時にたまたまテレビで、食べ物が無くて栄養失調になってるアフリカの子どもの映像を見て、“貧困で苦しんでいる人を助ける仕事をしよう。これなら、自分の人生をかける価値がある。”と決意しました。

「ビジネスを通して貧しい人たちを助けよう」と決めた私は、“ビジネスならアメリカだろ”というよく分からない勝手な思い込みで、大学を休学して、米シアトルの「University of Washington」に1年間留学。

帰国後、自分で事業を立ち上げようとしたがうまくいかず「株式会社ミスミ」に就職。3年で辞めました。

25歳の時に、株式会社ボーダレス・ジャパンの前身である有限会社ボーダーレス・ジャパンを創業。

スポンサーリンク

ボーダレスジャパンとは?成功の秘訣!

ボーダレス・ジャパンは、途上国の貧困や児童労働、環境問題などの世界的な問題をビジネスで解決するという企業です。

2020年3月18日の取材時点で、35ものソーシャルビジネスを世界12カ国で展開し、業績も右肩上がりで伸び続けています。

ソーシャルビジネスは「社会問題を解決すること」が目的です。例えば、貧困、地球温暖化、差別偏見、少子高齢化など、取り組む問題の領域は多岐にわたります。

例えば、ボーダレスグループで妊娠・授乳期のママのためのハーブティー・アロマオイルブランドを製造・販売しているAMOMA natural careの事業目的は、ミャンマーでたばこ栽培の農薬被害に苦しむ貧困農家の問題解決です。

引用:https://ideasforgood.jp/2019/08/07/borderless-japan-social-business/

社会問題を解決する起業家が社会起業家というのですね。

すべては社会起業家のための会社というコンセプトのようです。

(出典:仕事旅行

ボーダレス・ジャパンが成長し続ける理由は、

「あきらめない」「修正力がある」そして「気持ちのよい人が多い」という点ではないでしょうか。ここでの「気持ちいい」とは、自走できる人であり、利他的な人という意味です。また、ボーダレス・ジャパンには「Something New(何か新しいこと)」「Eco First(環境を最優先)」「Family Work(家族のように働く)」という3つの標語があります。ビジネスは一人でできるわけではありませんが、我々はファミリーなので厳しいことも言い合えますし、自分だけよければよいという考えではなく、チームのために頑張れる人ばかりです。

引用:https://ideasforgood.jp/2019/08/07/borderless-japan-social-business/

そして成功の秘訣は、

「とにかく続けること」

ソーシャルビジネスはやる目的がはっきりして事業を始めるので成長マーケットがあるからとか儲かるとかじゃなくて、この困っている人を何とかしたいとか、この環境問題をどうにかしたい、そういうところで始めていくのでずっと続けるのが成功の秘訣のようです。

最後に

ボーダレス・ジャパンと田口一成さんについて記事を書かせていただきました。

田口一成さんの合言葉は、「清廉潔白」「動機善なりや」だそうです。

私利私欲ではなく、みんなのための決断か、みんなのための取り組みか。そうであれば、結果はどうなっても、全てナイストライだと思っているそうです。

新しい分野に目を付けている田口一成社長はすごい人ですね。起業家育成プログラムも始めたようです。

今後の活躍にも注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク