島野愛友利【女子野球】wikiプロフィール、SNS、学校や経歴!

こんにちはONちゃんです。

野球が盛り上がっていますね。今や女子野球も盛んな感じになってます。

10月3日放送の「ミライ☆モンスター」に強豪・神戸弘陵の「島野愛友利」さんが出演します。

島野愛友利はピッチャーでありながら打席の方でも大活躍だそうです。

今回は島野愛友利さんについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

島野愛友利のwikiプロフィール

それでは島野愛友利さんのwiki風プロフィールです。

(出典:https://www.horipro.co.jp/shimanoayuri/

名前:島野愛友利(シマノアユリ)

生年月日:2004年2月20日(17歳 2021年9月現在)

出身地:大阪府大阪市西区

ポジション:投手

利き腕:右投げ右打ち

高校:神戸弘陵学園高等学校

家族:父、母、兄が二人で5人家族

島野愛友利さんは小学2年生の頃に野球をやっていた2人のお兄さんたちの影響を受けて野球を始めたそうです。

大阪市西区を拠点とする少年野球チームの「西ファイターズ」に入団し6年生の頃は主将を務めるほど活躍したそうです。

2018年には大淀ボーイズのエースとして中学公式野球の日本一を決めるジャイアンツカップで優勝投手になり話題になります。

その後男女差のない厳しい練習環境を求め、春の選抜2連覇を果たしたばかりの神戸弘陵の野球部に入ります。

今年は女子高校野球の日本一を決める「第25回全国高校女子硬式選手権大会の決勝戦が史上初めて「甲子園」で行われました。

注目を集めていた島野愛友利さんは最終回にマウンドに上がり高知中央を抑え胴上げ投手となりました。

島野愛友利の学校と経歴

それでは島野愛友利さんの学校と経歴を調べてみましょう。

まず島野愛友利さんの出身小学校ですが、大阪市立堀江小学校です。当時は大阪市西区の少年野球チーム「西ファイターズ」で野球をはじめます。

同学年には女子選手はいませんでした。

中学は大阪市立堀江中学校です。

中学時代は兄も在籍していた大阪市北区の硬式野球チーム「大淀ボーイズ」でプレーします。そして、ボーイズとは別に野球塾にも通い、ほぼマンツーマンに近い形式で指導を受け技術を磨きました。

島野愛友利さんは中学3年でMAX119kmで大淀ボーイズのエースでした。背番号1です。すごいですね。

2018年の全国中学野球選手権大会「ジャイアンツカップ」で優勝します。

「119キロというスピードは男子の中に入ると、たいしたスピードではありません。女子特有の柔軟性を活かし、低い重心からできるだけ打者に近づいてボールをリリースする。ボールの回転数を意識しています」

引用:https://www.news-postseven.com/archives/20210823_1685454.html?DETAIL

そして、高校は神戸弘陵学園高等学校に進学します。

高校では男子選手と一緒の部活では、規定により女子選手が公式戦に出場できないことから女子野球部のある神戸弘陵学園高校を選びます。

(出典:Twitter

今年の夏は女子高校球児が史上初めて甲子園でプレーすることで注目を浴びた「第25回全国高校女子硬式野球大会」の決勝戦。

神戸弘陵が高知中央を4-0で下し、2016年以来になる、5年ぶり2度目となり全国優勝を果たします。島野愛友利さんは胴上げ投手となります。

スポンサーリンク

ちなみに島野愛友利さんは2人の兄がいますが、二人とも野球をやっています。長男は島野愛友利さんより5つ上で大阪の名門、「大阪桐蔭」で野球をしてました。

もうひとりが1つ上のお兄さんが履正社で野球をやってたそうです。

どちらも強豪ですね。

島野愛友利のSNS

島野愛友利さんのSNSを調べてみます。

Instagramがありました。フォロワーが1.2万人(2021年9月現在)ですのでかなり注目度が高そうです。

Instagram:https://www.instagram.com/ayu_ri8.10/

View this post on Instagram

しまの あゆり(@ayu_ri8.10)がシェアした投稿

Twitterもありました。

Twitter:https://twitter.com/ayuri022089

残念ながらツイートは非公開でした。

最後に

島野愛友利さんについて記事を書かせていただきました。

島野愛友利さんの今後の活躍に注目です。

女子プロ野球の世界やワールドカップ女子野球の日本代表メンバーで活躍してるかもしれませんね。

いずれにしてもこれから女子野球界を背負っていく人材だと思います。

怪我に気を付けて頑張ってもらいたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク