リナ・サワヤマ(シンガー)ロンドンで活動!wikiプロフ、経歴、学歴を調査!

「情熱大陸」にロンドンのポップ界を席巻しようとしている日本人シンガー、リナ・サワヤマが出演します。

ネクストレディーガガといわれる彼女がすごく気になります。

シンガー、リナ・サワヤマのwikiプロフ

(写真:Rina Sawayamaツイッターより)

名前:Rina Sawayama(リナ サワヤマ)

生誕:1990年(現在28歳 2019年6月現在)

出身地:新潟県

学歴:ケンブリッジ大学卒

職業:歌手、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー

1990年に新潟で生まれ、その後東京に移り4歳の時に父親の転勤でロンドンに移住しています。

ロンドン生活の方がフィットしていたようでその後も母親と一緒に現地に残りました。

ノース・ロンドンの日本人学校に通ったあと、ケンブリッジ大学で政治学を学びました。

学生時代から音楽を作りはじめ、大学卒業後はアーティストとして本格的に活動を開始しています。

作詞、作曲、プロデュース、ミュージックビデオの監督までをすべて自身で手掛けています。

影響を受けたアーティストは、日本人では「宇多田ヒカル、椎名林檎」で、海外では「Beyoncé、Mariah Carey、The Cardigans、Justin Timberlake、Aaliyah、N.E.R.D」のようですね。

影響を受けたアルバムは、日本人では宇多田ヒカルの「First Love」、椎名林檎の「勝訴ストリップ」、海外ではBeyoncéの「Dangerously in Love」、N.E.R.Dの「Fly or Die」などで、Rina Sawayamaの曲からは、それらのアーティストをミックスしたような音楽性を感じることができると言われています。

リナ・サワヤマはロンドンで活動

ロンドンで活動してるリナ・サワヤマさんは2017年にリリースしたミニアルバム「RINA」により新たな才能の出現と注目を浴び、現地メディアの「2017年の知っておくべきアーティスト」や次世代を担う100人」に選べれています。

白人社会のケンブリッジ大学で陰湿なイジメを受けうつ病を患った経験を持っているそうですが、「そうした記憶がアーティストとして生きる起爆剤に繋がった」と本人ははなしているようです。

ハートの強さを感じますね。

現在はロンドンで一人暮らし。専ら和食の手料理で、得意料理は餃子だといいます。

モデルの水原希子さんとは大の仲良しだといいます。

モデルもこなすリナ・サワヤマ

リナ・サワヤマはミュージシャンとして活躍する一方で、モデルとしても活動しています。

2016年には、大阪ファッションビル「ルクア大阪」のキャンペーンモデルに選ばれ、CMに使用された音楽も自身で制作しました。このモデル起用にはSNSの存在がかかせませんでした。

このキャンペーンモデルに推薦したのが水原希子さんだといいます。当時は一度も会った事がなかったようですが、スタイリストに紹介そSNSのやりとりだけで「ルクア大阪」のモデルの起用が決定したようです。

2017年には「Versus Versace(ヴェルサスヴェルサーチ)」の2017年秋冬キャンペーンにも選ばれ、モデルとしてもグローバルにその活動を広げています。

≪リナ・サワヤマのインスタ画像≫は次ページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク