ロードバイクのパーツコンポーネント(シマノ編)

こんにちはONちゃんです。

これからロードバイクを購入しようと考えている人にとってパーツ選びは難しいと思います。私の紹介するパーツを参考にしてほしいと思います。

今回はコンポーネント、略してコンポの話をしようと思います。

コンポーネントとは

バイクを構成する一連のパーツ群のことをコンポーネントと呼びます。かつてはそれぞれのパーツに異なったメーカーの製品を組み合わせて使用していたみたいですが、近代ロードバイクはひとつのメーカーの同グレードのパーツをそろえて使用します。

これからはますます高機能化する各パーツをシステムで最大限に引き出すことが可能となります。現在コンポーネントのメーカーとしては、日本の「シマノ」、イタリアの「カンパニョーロ」の2社が主流となっています。私はシマノを使用しています。なぜシマノを使用するのかといえば実用性を重視しています。

トラブル時のスペアパーツの手に入りやすさ、価格の手ごろさでいえばやはり国産メーカーに軍配を上げてしまいました。

カンパニョーロは本場ヨーローッパのイメージが強く「通好み」のコンポという印象が強いです。デザインも人気でこだわりが強い人にはたまらない魅力となっているようです。もちろん性能も高いようなのでどちらを選ぶかは好みといった感じになるでしょう。

シマノコンポーネントを少し紹介していきましょう


【DURA-ACE(デュラエース)】

シマノコンポーネントの最高級であり完全にレース向けとして作られています。今は11速が主流で電子制御のものも出ており初心者が手を出すには少し価格帯があわないと感じるかもしれません。私もデュラエースを使用していますが、とにかく軽量を求める等、レースに出るようになってからの購入で良いと思います。


【ULTEGRA(アルテグラ)】

アルテグラについてはコストパフォーマンスに優れたコンポといえます。趣味の世界でロードバイクとしては十分な性能を兼ね備えたものといえます。機能としてはデュラエースと遜色ないのではと私自身感じます。入門クラスには少し高価かと思いますので2台目以降をおすすめ致します。


【105(イチマルゴ)】

シマノコンポーネントの入門レベルです。最初の1台目の購入は105をおすすめします。下位グレードにもTIAGRA(ティアグラ)やSORA(ソラ)といったグレードもあるが、最低限105は装備したいところである。


最初に購入する1台はショップで購入することをおススメします。それはなぜかというとパーツコンポーネントは目的をもって選んでほしいからです。ショップで購入すると店員さんがいてアドバイスをしてくれます。ネットで購入すると、買ったバイクについていたから・・・という事態になってしまいます。パーツコンポーネントに無関心であるとレースでは勝てません。本気で勝負をものにしたいのならパーツコンポーネントに目を向けましょう!

さらにパーツコンポーネントには様々な種類があって、カセットスプロケット(後ろ側のギアの事)を購入するにあたってもギア比(歯車の数)にはいろんな種類があります。それが平坦用か山岳用でも大きく違います。クランクセットにしてもギア比からクランクの長さについてもいろいろな種類があり、ショップで購入すると店員さんが身長など考慮したり、どれくらいの強度で乗るか考えながらアドバイスしてくれると思います。

なによりロードバイクは精密なつくりでできてますのでメンテナンスを考えるとおかかえショップがあると良いでしょう。快適なロードバイクのシフトチェンジを求めるなら日々のメンテナンスは欠かせない作業となることは必然です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク