片岡安祐美の夫が人気ラーメン店経営者!通販サイトやお店の場所!プロフィール!

こんにちはONちゃんでーす!

4月24日放送の「爆報!THE フライデー」では新型コロナと戦う芸能人家族は今・・・大丈夫なのか?ということですが、美人野球選手・片岡安祐美の夫が人気ラーメン店経営者でコロナ問題に直面しているそうです。

片岡安祐美さんの旦那さんは元プロ野球選手の小林公太さんでしたよね。

今回は片岡安祐美さんの旦那さんやラーメン店など調べたいと思います。

片岡安祐美のプロフィール

(出典:Instagram

名前:片岡安祐美(かたおかあゆみ)

生年月日:1986年11月14日(33歳 2020年4月)

出身地:熊本県熊本市東区

血液型:B型

最終学歴:流通経済大学経済学部経営学科

身長/体重:153㎝/48kg

☆経歴☆

2001年、女子硬式野球日本代表選出。

2002年、熊本商業高校野球部に入部。第2回女子野球世界選手権 準優勝

2003年、第3回女子野球世界選手権 初優勝。

2004年、第4回女子野球世界選手権 2連覇。

2005年、茨城ゴールデンゴールズ入団。

2007年、全日本クラブ選手権大会 初優勝。

2010年、監督を勇退した萩本欽一さんの任命より2011年度より選手兼監督に就任。

2017年、元横浜DeNAベイスターズ投手の小林公太さんと入籍。

小林公太(片岡安祐美の夫)のプロフィール

(出典:https://hamarepo.com/story.php?story_id=6490&from=https%3A%2F%2Fhamarepo.com%2Ftop.php%3Fgenre_id%3D

名前:小林公太(こばやしこうた)

生年月日:1991年9月1日(28歳 2020年4月)

出身地:東京都世田谷区

身長/体重:185㎝/79㎏

ポジション:投手

最終学歴:多摩大学附属聖ヶ丘高等学校

☆経歴☆

2009年、横浜ベイスターズの入団テストで合格。ドラフト会議で横浜ベイスターズ育成枠2巡目の指名により契約。

2012年、戦力外通告を受ける。その後クリーブランド・インディアンスとマイナー契約。

2013年、プエルトリコの教育リーグに参加。その後アメリカン独立リーグ・パシフィック・アソシエーションのハワイ・スターズに入団したが同年のうちに退団しそのまま引退。

引退後はボストンでラーメン作りを3年修行。

2016年、文京区で二郎系ラーメン店「Yume Wo Katare Tokyo」(夢を語れ東京)を開業した。現在は、母親が店の手伝いをしている。

片岡安祐美の夫が人気ラーメン店経営者!お店の場所は?

片岡安祐美さんの夫、小林公太さんが営むラーメン店は「俺の生きる道」(旧店名「夢を語れ東京」)です。

ラーメンは、ワシワシとした極太麺、甘味のあるスープ、肉厚ジューシーなチャーシューということです。食べてみたいですね。

(出典:https://www.takumen.com/products/1267

住所:〒113-0001 東京都文京区白山5丁目36−14

営業時間:[月〜土]
11:30〜15:00
17:30〜22:00

定休日:日曜日

今年2月のの取材では、店内14席のカウンターは常に満席で、外には行列ができるほどの繁盛ぶりでした。

新型コロナウイルスの感染拡大によって外出自粛要請が出ている中、大人気だった小林さんのラーメン店は今、どうしているのか? 番組(爆報!THE フライデー)では取材するようです。

俺の生きる道のラーメンを通販は買える!

俺の生きる道のラーメンは通販で購入可能です。

↓↓↓↓↓

宅麺.com

宅麺.comとは、

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ通販でお楽しみください!全国から約100種類の醤油、味噌、塩、豚骨ラーメンや二郎系ラーメン、つけ麺もご用意しています。初めての方は左上の「宅麺とは?」からお取り寄せラーメン通販の宅麺.comについて説明をどうぞ。「商品を探す」からは、味の種類や麺の太さなどのこだわり条件でラーメンを見つけることができます。「ランキング」ではラーメンやつけ麺のランキングを紹介しています。

引用:https://www.takumen.com/

宅麺.comでは人気ランキングが掲載されており、俺の生きる道のラーメンも「インスパイア系ラーメンとして1位」(2020年4月)にランクインしてました。

最後に

新型コロナウイルスの感染拡大によって外食産業は大打撃を受けているはずです。

こういったなか、通販で美味しいラーメンを購入し食べることができるのは嬉しいことですよね。

新型コロナウイルスも早く終息してもらいたいですが、こういった通販などで提供してもらえると消費者もうれしい限りですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク