沼口麻子さんがサメの世界を「マツコの知らない世界」で語る!沼口麻子さんて・・・?

4月16日(火曜日)20時54分~22時00分放送の「マツコの知らない世界」で日本で唯一のシャークジャーナリストと言われている沼口麻子(ぬまぐち あさこ)さんがサメの世界を語ります。シャークジャーナリストって初めて聞く職業ですね。沼口さんのブログでは出演に関して、「サメの魅力がたくさんの人に伝わりますように。」「よろシャーク。」・・・よろシャークってウケますね。

スポンサーリンク

シャークジャーナリストの沼口麻子さんのプロフィール

出典:沼口麻子

名前:沼口麻子(ぬまぐち あさこ)

生年月日:1980年3月7日

身長:153㎝

特技:出刃包丁でサメを解体することとサメ顎標本作り

趣味:サメのいる水族館巡り、サメのいる場所でのダイビング、サメグッズの収集

シャークジャーナリスト沼口麻子さんの活動とは

沼口さんは世界でただ一人の「シャークジャーナリスト」として、世界中のサメを取材しているようです。

好きなことを仕事にできるのは幸せなことですが「サメ」って・・・。こんな綺麗な女性が「サメ」好きとはギャップに驚かされます。

「ほぼ命がけサメ図鑑」(講談社)という書籍も出版されています。

小さい頃から生き物全般が好きで、漠然と生き物関係の仕事に就きたいなと思っていたようで、東海大海洋学部に進学して、自分よりも大きい生き物をやりたいなと思っていて、今ではシャークジャーナリストなのですね。

「サメ」と聞いて、40代くらいまでの年代で思うのは映画の「ジョーズ」なのではないでしょうか?いやーん!食べられちゃう~。って真っ先に思うでしょう。

でも沼口麻子さんは「人食いザメはいるの?」とよく質問されるようですが、ほとんどのサメは人を襲って食べたりしない。かみつくことはあります。サーフボードにまたがった姿をみると好物のウミガメにそっくりだから。

と答えるそうですが、サメの好物はウミガメなのですね。

普段の仕事はというと、サメに関する私にできることは何でもします。「サメに関する情報発信をする日本で唯一の機関、というか人」のようです。

また東京コミュニケーション専門学校で、水族館職員とかダイビングインストラクターとかになりたい生徒さんに、サメの授業をやっていますねー。

本当にサメが好きなのですね。あっぱれです。

≪沼口さんの結婚相手がヤバい≫は次ページへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク