川井梨紗子(レスリング)筋肉が凄い!wikiプロフィール、経歴、家族!妹と仲良し

こんにちはONちゃんでーす!

4月5日放送の情熱大陸で川井梨紗子さんに密着します。

川井梨紗子さんは「あの伊調馨が17年ぶりに負けた日本人」と聞けばわかる人が多いかもしてません。

東京オリンピックこそ今は、延期されてしまいましたが、間違いなく金メダルを期待された一人です。

そして妹の友香子さんも今回初の日本代表に!姉妹で日々練習で汗を流しているそうです。

今回は女子レスリング界次世代のエース「川井梨紗子」さんについて記事を書かせていただきます。

スポンサーリンク

川井梨紗子のwikiプロフィール!

(出典:Instagram

名前:川井梨紗子(かわいりさこ)

生年月日:1994年11月21日(25歳 2020年3月)

出身地:石川県津幡町

身長:160㎝

体重:59㎏

出身高校:至学館高等学校

出身大学:至学館大学

所属:ジャパンビバレッジ

川井梨紗子の経歴

レスリング一家と言われている両親の影響で川井梨紗子さんは小学2年生から金沢ジュニアレスリングクラブでレスリングを始めました。

この金沢レスリングクラブは母の初江さんがコーチを務めていまいした。

小学6年生の時に全国少年少女レスリング選手権大会33㎏級で2位となった。

そして中学3年生の時には全国中学生レスリング選手権52㎏級で優勝しました。

2010年に至学館高等学校に進学。2年生の時にはジュニアクイーンズカップ カデットの部と全国高校女子選手権で優勝。

さらに世界カデット選手権でも優勝!

3年生の時には、全国高校女子選手権では56kg級で優勝。世界選手権代表に選ばれ7位という成績でした。

2013年至学館大学に進学。ジュニアクイーンズカップジュニアの部で優勝。全日本選抜で3位。世界ジュニアで優勝。全日本選手権で59㎏で3位で、この時準決勝で負けたのが伊調馨でした。

2014年ジュニアクイーンズカップジュニアの部2連覇。アジア選手権58㎏級で優勝。世界ジュニアで優勝。全日本選手権は再び伊調馨に敗れた。

伊調馨って相当強かったのですね。

2015年には翌年のリオ五輪にむけ伊調馨と対戦を避け、2階級上げて63㎏級に転向。

6月の全日本選抜で優勝。9月の世界選手権で2位。そして12月の全日本選手権では1階級下の60kg級に出場すると、決勝で至学館高校3年の妹の友香子を破ってオリンピック代表に決定。

姉妹対決ってなんか複雑ですよね。

2016年リオ五輪では見事に63㎏級で金メダルを獲得しました。9月にはオリンピックでの活躍が評価されて県民栄誉賞を受賞。

その後も全日本選手権や世界大会でも活躍。

2019年6月の全日本選抜選手権では決勝で伊調を6-4で破って優勝。2度目の明治杯を受賞。これにより、昨年の全日本選手権で勝った伊調と7月にプレーオフで勝利し、世界選手権代表に選出され、決勝を決めて東京オリンピック代表に内定しました。

この投稿をInstagramで見る

本日DNA TOUR大阪公演 川井選手姉妹がまたまたライブに遊びにきてくれました!しかも!!! 先日レスリング世界選手権で、獲得したメダル持って!!!泣 世界で1番と2番に強いんですよ! この姉妹最強!ほんとすごすぎる。 そして、メダルがめちゃめちゃかっこよくて、なおかつ、めちゃめちゃメダル重かったんですけど。 ほんま、汗と涙と努力の結晶の重みやね。 こっちばっかり、勇気をもらっているのに、こんなにいつも応援していただき。 ほんとに私、アーティストとして幸せな限りです!! わざわざ、大阪まで足を運んでいただきありがとうございました!!! 明日もがんばりまーす!! #楽屋では #めちゃめちゃかわいー女の子です #ギャップ萌え #レスリング #金メダリスト #川井姉妹 #川井梨紗子 #川井友香子 #DNATOUR2018 #倖田來未 #大阪

倖田來未(@kodakumi_official)がシェアした投稿 –

妹の友香子さんも62㎏級でメダルを獲得し姉妹でのオリンピック内定が決まりました。

(出典:Instagram

川井梨紗子さんは10代の頃から熱烈な倖田來未ファンで、試合の際には倖田の楽曲を聴いて士気を高めるのがルーティンであるそうです。

川井梨紗子の妹の友香子や家族

まず姉妹そろってオリンピック代表がきまっていますが、妹は川井友香子さんです。

(出典:Instagram

名前:川井友香子(かわいゆかこ)

生年月日:1997年8月27日

出身地:石川県津幡町

身長:162㎝

出身高校:至学館高等学校

出身大学:至学館大学

川井友香子さんも姉と同じ高校、大学出身ですね。そしてかわいいです。

妹さんも2018年と2019年の全日本選手権を優勝していますし、2020年アジア選手権も優勝しています。

父・孝人さんですが、1989年の男子グレコローマン74kg級学生二冠王者(全日本学生王者、全日本大学グレコローマン選手権)です。

母・初江は1989年世界選手権代表選手でした。

まさにレスリング家族なんですね。

スポンサーリンク

川井梨紗子の筋肉が凄い!

川井梨紗子さんはレスリング選手として体を鍛えるのは当たりまえですが、かなり鍛え上げていることがわかりますよね。

(出典:スポーツ報知

(出典:読売新聞

体が引き締まっていて、無駄がなく鍛えられていることがわかります。

川井梨紗子は妹友香子と仲良し

2020年東京五輪代表争いが本格化する全日本選手権で自身が57㎏級でエントリーし、妹の友香子さんが62㎏級で臨むことに「妹の方がまだ若くて伸び盛りなので、減量しなくていいように」と自らが軽い階級で挑戦する理由を明らかにしました。

57㎏級には伊調馨がいて同じ階級で争わなければならないリスクもありました。

妹思いですよね。

川井梨紗子さんのインスタには妹の友香子さんとの2ショット写真がたくさん公開されていて仲がいいことがわかります。

(出典:Instagram

最後に

東京オリンピックは延期になりましたが、ぜひ姉妹そろって金メダルを獲得してほしいです。

川井梨紗子さんと妹・友香子さんを応援しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク